おまとめローンをネットで申込みたい!


現在、都市銀行や一部の地方銀行、ネット銀行、消費者金融などで多重債務の一本化を目的とした「おまとめローン」の金融サービスがあります。通りやすいおまとめローンは通常のカードローンよりも金額が大きくなるので、営業時間中に店舗に来店しなければならない会社がほとんどです。最近は、一部の金融会社で来店不要でインターネットでおまとめローンの申込手続きができます。
来店不要でおまとめ専用のローンの申込手続きができる銀行には、イオン銀行と東京スター銀行があります。イオン銀行のおまとめローンは、申し込みから融資まで全てがネットで完結します。東京スター銀行のおまとめローンも来店不要で仮審査を受けることができます。普通預金口座を開設する必要がありますが、最初にネット申込を行って仮審査を受けた後に、郵送で手続き書類を送付します。現在のところ、おまとめ専用のローンで来店不要でネット申込が可能な銀行は東京スター銀行とイオン銀行だけです。
おまとめ専用ローンではないものの、ネット銀行で資金の利用用途が自由のカードローンやフリーローンを多重債務の一本化に利用することができます。通常のカードローン申込手続きの際に資金の用途を「おまとめ」目的にすることで、おまとめローンを組むことができます。これらの銀行も実店舗が存在しないため、必然的にネット申込になります。
近くに金融会社の店舗がない場合や営業時間中に窓口で手続きができない人でも、ネットでおまとめローンの申込手続きが可能です。

ペイントでお手軽自家製電子印鑑


ペイントで簡易電子印鑑

ペイントは言わずも知れた,Windowsに標準でついてくるお絵かきソフト。実は高価な画像処理ソフトを購入しなくても,このペイントを使って簡易的な電子印鑑を作成することができます。ペイントを起動したら,テキストツールを選択し,フォントを指定して文字を入力します。この際,古印体や隷書体など,印鑑によく使われるフォントをもっていると,見た目の良い電子印鑑を作成できます。文字の配置や色などを調整して,枠を描き加えれば,あっという間にお手軽自家製電子印鑑の完成です。

もちろん本物の電子印鑑とは違います

業者にお願いして作ってもらう「本物」の電子印鑑は,単なる画像データではありません。悪用できないように専用のソフトを使って認証して初めて使えるなど,セキュリティーが充実しています。そして,文書に挿入する際に印鑑のサイズを調整しても,乱れることなく美しい印鑑のまま利用することができます。ペイントでお手軽に作ったものは,表示している画面をキャプチャーするだけで,簡単に複製できてしまいます。また,ペイントで作成できるビットマップ画像(PNG/JPEG/GIF/BMPなど)は,業者が作成してくれるアウトライン画像とは違い,拡大すると荒い画像になってしまいます。とはいえ,社内や身内での使用なら,高いお金を出さなくても,ペイントのお手軽電子印鑑で十分かもしれないですね。
印鑑作成サイト徹底リサーチ|印鑑が安い!コスパ比較ランキング!はこちら

キャッシングをするなら知っておきたい貸金業の法律


これから初めてサラ金を利用するというのであれば、知っておかなくてはならないことがあります。
それは貸金業法です。

貸金業法はサラ金のほかにもクレジットカードのキャッシング枠など貸金業者を対象としています。
銀行カードローンは貸金業ではなく、銀行法によって管理されています。
貸金業法はサラ金が気にするべきものと考えているのであれば危険です。
私たち利用者も、貸金業法がどのようになっているのかを知らなくてはなりません。

正しいサラ金審査を知るために

貸金業法では利息制限法と出資法で、サラ金が定めてもよい金利の上限を決めています。

まずは利息制限法です。
元金に応じて3段階に分かれています。

  • 元金10万円未満・・・上限金利20.0%まで
  • 元金10万円以上100万円未満・・・上限金利18.0%まで
  • 元金100万円以上・・・上限金利15.0%まで

利息制限法以上の金利を設定した場合、過剰に発生した利息は支払う必要はありません。
それどころか利息制限法違反は行政処分の対象となるため、現在のサラ金が設定していることはありません。

次は出資法です。
出資法では上限が20.0%と決められています。
遅延損害金は、返済の期日を過ぎたときに支払う損害金になりますが、多くのサラ金では20.0%が元金に関係なく設定されています。
これも違法ではありません。
しかし通常金利を20.0%以上に設定するとそのサラ金は刑事罰の対象となるため、これも設定する業者はありません。

つまり、私たちは利息制限法を覚えていればよいということです。
正当な金利でサラ金を利用するには必要な知識です。

そればかりではありません。
ちょっとした損得を見分ける判断力もつきます。

例えばアコムとモビットでは上限金利が18.0%に設定されています。
プロミスでは上限金利17.8%です。
利息制限法に照らし合わせてみると、本来10万円未満の借り入れの時には20.0%までの金利が設定されることもありますが、プロミス、アイフル、モビットでは借り入れ金額が10万円未満であっても金利を低く借り入れることができます。

プロミス、モビット、アコムなら利息制限法以下の低金利で借り入れができます。

借入金額に制限をつけた総量規制

総量規制の対象になります、総量規制の対象ではありません、そのようなサラ金や銀行カードローンには表記があります。
そうなると総量規制があることがあたかもマイナスであるかのような印象を受けるでしょう。

貸金業法では2010年に新しく総量規制を施行しました。
総量規制とは”個人が貸金業全体から借り入れができる総額を年収の3分の1までとする”法律です。
年収が300万円であれば総量規制に基づいてその3分の1の100万円が貸金業全体から借り入れができる上限となるわけです。

そう考えてみると充分に借り入れには間に合うことがわかるのではないでしょうか。
総量規制があることでサラ金からの借り入れ金額は少ないというイメージはあります。
しかし、100万円も借入をするとなればそもそもサラ金からの借入金額として適しているとは言えません。
なにしろサラ金は少額キャッシング短期返済が基本だからです。

また年収300万円で100万円の借金と考えると返済に無理がないようにも感じられます。
しかし年収ではなく月収25万円と考えるとどうでしょうか。
25万円の収入で100万円の借金がある、これは返済が簡単ではないことがわかります。

総量規制の範囲は多重債務の危険性がないということではありません。
大手サラ金を利用しても、使い方次第では危険なこともあります。
総量規制があるからサラ金の借り入れには不安がないというものではなく、やはり使い方には慎重にならなくてはなりません。

総量規制はサラ金のマイナスではなく、多重債務を防止する有効策です。

初心者向け!プロミスはネット申し込み可能?


最近の大手の消費者金融は様々な申込方法に対応していて、その一つとしてインターネットを利用したネット上からの申込方法があります。当然大手の消費者金融の一つであるプロミスでもインターネット上からの申し込みにも対応しているので、わざわざ店頭窓口や無人契約機まで足を運ぶ必要が無く、来店不要でお金を借りる事が可能となっています。

プロミスではどのような申し込み方法が用意されているのかというと、今説明したインターネットを利用した方法が一つであり、パソコンやスマートフォン、あるいは携帯電話でネット接続が出来る環境が整っていればこの方法が手っ取り早いです。その他には、インターネットへの接続環境が無い人やネット上での操作が苦手という人のために全国に設置されている自動契約機を利用した方法があります。さらには機械の操作が苦手である人や何かわからない事をきちんと相談しながら手続きが出来た方が良いという人であれば、電話や店頭窓口を介した方法もあります。その他には必要書類を受け取ってそれを郵送するという方法もあります。

インターネットからの申し込みの場合は24時間365日いつでも受け付けていて便利ではあるのですが、実際にお金を借りようとする場合には審査に対応可能な時間は24時間いつでも大丈夫という訳では無いです。対応可能な時間は9時から21時までとなっているので、あまり早い時間や遅い時間だとすぐに対応してもらえるという訳では無いです。急いで借りたい場合は手続きを行う時間には気をつけた方が良いです。
プロミス増額審査方法とは?増額する前に確認したい事【永久保存版】はこちら

家を少しでも高く売るコツ


家は高い買い物だったはずですので、売ることを考えた時には少しでも高く売りたいと考えるのは当然です。
そのためには、家を高く売るコツを知っておくことが重要です。

まず一番大切なことは業者選びです。
家を売る際には基本的に不動産業者に仲介してもらうこととなりますので、チラシ配布やWEBサイトへの掲載といった宣伝やレインズへの登録、売り主への定期的な状況報告、内見時のアドバイスの有無など積極的に動いてくれる業者かどうかを見極めましょう。
複数の業者に査定を依頼して、最初の対応から契約後の対応までしっかりチェックするのが業者選びのコツです。

次に自分でできることとしてあげられるのが掃除です。
特に内見を行うのであれば、買い手に好印象を持ってもらうためにも掃除は欠かせません。
電気照明を明るいものに変えたり、リビングや玄関、トイレなどに余計な物を置かないようにするなど、すっきり明るい印象を目指すようにしましょう。
またペットを飼っていたり、喫煙をするのであれば、空気の入れ替えや芳香剤の設置など臭い対策も忘れずに行いましょう。

最後は計画を立てることです。
全て不動産業者に任せるのではなく、売却までにどの位の時間をかけられるのかを事前に考えて、強気に売り出す時期と価格を下げる時期のタイミングを決めておきましょう。
そうすることによって広告活動をする不動産業者の動き方も変わってきますので、行き当たりばったりは絶対にしてはいけません。
こうしたコツを踏まえて準備をすれば、満足いく結果を得ることができるはずです。
http://xn--f9jya6dub8ay082ctbe.net/

AGA対策でチャップアップ育毛剤は気休めに過ぎない?


近年、AGA対策で最も期待できる育毛剤として人気となっているチャップアップですが、育毛剤など気休めに過ぎないのではないか、と考える人も少なくありません。確かに、中には育毛の為の有効成分が十分に含まれておらず、気休めに過ぎない育毛剤が存在するのは事実ですが、チャップアップには様々な角度から薄毛の原因に働きかけてくれる有効成分が含まれているので、気休めではなくしっかりと効果効能を期待することができます。

一般的に、育毛剤というと頭皮の保湿や血行促進を主な目的としたものが多いですが、チャップアップにはそれだけでなく、AGAの原因となる男性ホルモンを生み出してしまう、5αリダクターゼを抑制する成分が含まれています。どれだけ頭皮が潤い、血行が良くなっても、男性ホルモンが原因で毛髪が正しく成長しなければAGAの進行は止まりません。チャップアップであれば、皮脂の過剰分泌の抑制や血行促進で頭皮環境を整えながら、毛髪の成長もしっかりと促すことができます。

また、育毛剤としては珍しい返金保証書が付いている点も、チャップアップが気休めの育毛剤ではないことの証明といえます。万が一チャップアップ副作用によって効果効能が得られなかった場合でも、チャップアップであれば損をしてしまう心配がありません。チャップアップは発毛の専門家にも認められた育毛剤で、男性でも女性でも使うことができるので、自宅でのケアでAGA対策をしたいという人に最適です。