キャッシングをするなら知っておきたい貸金業の法律


これから初めてサラ金を利用するというのであれば、知っておかなくてはならないことがあります。
それは貸金業法です。

貸金業法はサラ金のほかにもクレジットカードのキャッシング枠など貸金業者を対象としています。
銀行カードローンは貸金業ではなく、銀行法によって管理されています。
貸金業法はサラ金が気にするべきものと考えているのであれば危険です。
私たち利用者も、貸金業法がどのようになっているのかを知らなくてはなりません。

正しいサラ金審査を知るために

貸金業法では利息制限法と出資法で、サラ金が定めてもよい金利の上限を決めています。

まずは利息制限法です。
元金に応じて3段階に分かれています。

  • 元金10万円未満・・・上限金利20.0%まで
  • 元金10万円以上100万円未満・・・上限金利18.0%まで
  • 元金100万円以上・・・上限金利15.0%まで

利息制限法以上の金利を設定した場合、過剰に発生した利息は支払う必要はありません。
それどころか利息制限法違反は行政処分の対象となるため、現在のサラ金が設定していることはありません。

次は出資法です。
出資法では上限が20.0%と決められています。
遅延損害金は、返済の期日を過ぎたときに支払う損害金になりますが、多くのサラ金では20.0%が元金に関係なく設定されています。
これも違法ではありません。
しかし通常金利を20.0%以上に設定するとそのサラ金は刑事罰の対象となるため、これも設定する業者はありません。

つまり、私たちは利息制限法を覚えていればよいということです。
正当な金利でサラ金を利用するには必要な知識です。

そればかりではありません。
ちょっとした損得を見分ける判断力もつきます。

例えばアコムとモビットでは上限金利が18.0%に設定されています。
プロミスでは上限金利17.8%です。
利息制限法に照らし合わせてみると、本来10万円未満の借り入れの時には20.0%までの金利が設定されることもありますが、プロミス、アイフル、モビットでは借り入れ金額が10万円未満であっても金利を低く借り入れることができます。

プロミス、モビット、アコムなら利息制限法以下の低金利で借り入れができます。

借入金額に制限をつけた総量規制

総量規制の対象になります、総量規制の対象ではありません、そのようなサラ金や銀行カードローンには表記があります。
そうなると総量規制があることがあたかもマイナスであるかのような印象を受けるでしょう。

貸金業法では2010年に新しく総量規制を施行しました。
総量規制とは”個人が貸金業全体から借り入れができる総額を年収の3分の1までとする”法律です。
年収が300万円であれば総量規制に基づいてその3分の1の100万円が貸金業全体から借り入れができる上限となるわけです。

そう考えてみると充分に借り入れには間に合うことがわかるのではないでしょうか。
総量規制があることでサラ金からの借り入れ金額は少ないというイメージはあります。
しかし、100万円も借入をするとなればそもそもサラ金からの借入金額として適しているとは言えません。
なにしろサラ金は少額キャッシング短期返済が基本だからです。

また年収300万円で100万円の借金と考えると返済に無理がないようにも感じられます。
しかし年収ではなく月収25万円と考えるとどうでしょうか。
25万円の収入で100万円の借金がある、これは返済が簡単ではないことがわかります。

総量規制の範囲は多重債務の危険性がないということではありません。
大手サラ金を利用しても、使い方次第では危険なこともあります。
総量規制があるからサラ金の借り入れには不安がないというものではなく、やはり使い方には慎重にならなくてはなりません。

総量規制はサラ金のマイナスではなく、多重債務を防止する有効策です。